【注意喚起】新型コロナの影響で権利日変更の可能性!!優待クロスは大損!?

こんにちは、まる@inukabu_maruです。

3月優待もラストスパートで忙しいこの時期に
なんだか嫌なニュースが飛び込んできましたね。

JPXが3月24日に発信したニュース

2020年3月期末の配当その他の権利落ちについて | 日本取引所グループ
日本取引所グループは、東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所等を運営する取引所グループです。

3月期決算の上場会社が
事業年度終了後の3ヶ月以内に
定時株主総会が開けず
配当金などの権利の基準日を
事業年度末日から変更することとなった場合.。

3月30日以降変更後の権利付最終日において
該当銘柄を保有していない場合は、
配当、その他の権利が付与されない。

犬にもわかる株主優待 まる

これ、権利取り後に返済してしまうと、
権利日が変更になった場合は無効ってこと!

現物長期保有をしている人には
あまり痛手は無さそうだけど、

クロスの人には大問題ですよね~。

まるも、長年優待クロスをしてきたけど
このようなリスクがあった事は
今回初めて知りました。

まぁ「リスク」とは言っても、
コストが無駄になるだけなんだけどさ。

それでもクロスのみのまるにとっては、
とっても大きなダメージです( ノД`)シクシク…

株主総会は延期になるのか

要は、3ヶ月以内に
定時株主総会が無事に開催されれば良いのだけど。

自粛要請の中、
大人数が集まる総会は
開催できるものなのでしょうかね?

とはいえ、自粛真っ只中の3月でも
12月期決算の上場会社の定時株主総会が
開催されています。

12月決算の453社のうち452社は
延期せずに通常通り開催をしているそう。
(残り1社は元々4月に開催)
※出典:東洋経済オンライン

3月期決算の上場会社の定時株主総会は
6月頃に開催されるんだよね。

その頃には、今よりも少しは
落ち着いている可能性もあるし。

また、経済産業省では
「バーチャル株主総会」についての
議論もされていて
「ハイブリッド型バーチャル株主総会」に関する
実施ガイドも公表しているよ。

「ハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイド」を策定しました (METI/経済産業省)
経済産業省は、「新時代の株主総会プロセスの在り方研究会」での議論に基づき、企業が、ハイブリッド型バーチャル株主総会(※)を実施する際の法的・実務的論点、及び具体的取扱いを明らかにする「ハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイド」を策定しましたので公表します。

実際に富士ソフト(9749)は
バーチャル株主総会を実施した企業。

バーチャル株主総会には
「参加型」と「出席型」があり
出席型は質問や動議などを行うことも可能。

今回の株主総会では
iPadを使って議決権や質問などを受け付けるため
iPadがあることが前提だったみたいね。

大きな会場での株主総会よりも
コスト削減に繋がりそうでもあるし。

これからの時代は
オンライン株主総会になっていくのかなぁ。

まとめ

あくまでも可能性の話なので、
権利日が変更になる会社は
今の所はあるのかもわかりません。

万が一何社かあったとしても
その分の利益が目減りするだけなので
優待クロス全体で見ればプラスですよね!

リスク管理として、

株数を多く入れられる銘柄で
優待のグレードや口数を上げるよりも

銘柄を分散させて細かく取得した方が
変更時のダメージは軽減できそうです。

でも、もし大半が変更になったら・・・

さすがにマイナスですが(笑)

それでもまるは、気にせず最終日まで
優待クロス頑張りますよ~!

押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ 

いつも応援ありがとう!