【手数料無料】優待クロスには定番の楽天証券!手数料を無料にできる3つの方法も解説

こんにちは、まるです。

まるが株主優待一般信用クロス取引で利用している
楽天証券について解説していきま~す。

犬にもわかる株主優待 楽天まる
スポンサーリンク

おすすめポイント

楽天証券の一般短期信用は
株主優待銘柄の取り扱いがとても豊富

優待クロスに便利な一般信用短期はもちろん
金利貸株料の安い一般信用無期限を完備

条件次第で手数料や金利まで無料になるので

株主優待の一般信用クロスには必須の証券会社なんです。

専用ツール・専用アプリが便利

まるはパソコンからの口座管理や取引に、楽天証券のマーケットスピードを使っています。

マーケットスピード(通称マケスピ)は株主優待クロス以外にも、デイトレードから中長期トレードまで、個人投資家の間で愛用者の多い人気の定番発注ツールです。

まる
まる

マケスピは2019年に無料化されました~

パソコンの前にいられない時は、スマートフォン専用アプリが便利。
( iSPEED for iPhone/Android )

家事・仕事の合間や外出・旅行先でも、簡単に一般信用在庫チェックから注文・現引処理までできます。

他社のアプリと比べても使い勝手はとても良いですよ。

楽天証券ispeed バナー

※楽天証券HPより

手数料が安い

楽天証券の超割コースなら、他社と比較しても手数料は安い設定です。

優待クロスは毎月あれこれ取得していくと、取引回数も多くなってしまうのでコスト削減にとても有利

優待目的以外の一般的なトレードであっても、コスト削減は利益に直結する部分なので重要な要素だと思います。

<信用取引の超割コース>

約定代金手数料(税込)
~10万円99円
~20万円148円
~50万円198円
50万円超385円

(一般信用短期14日売建 貸株料 年3.90%)

さらに楽天証券には

信用手数料を無料にできちゃう制度があります!

スポンサーリンク

手数料を無料にできる

楽天証券には信用手数料を無料にできる制度が3つあります

超割コース 大口優遇

いちにち定額コース

いちにち信用

これらをうまく利用すれば、コスト削減にとても有利になります。

超割コースは大口優遇で信用手数料が無料に

超割コースでは、いくつかある条件を1つ満たせば


3カ月間信用手数料が完全無料になる


大口優遇という制度があります。

優遇適用期間中にさらに条件を満たすと、その時点からまた3か月間適用に更新されるので、ずっと無料で使い続ける事も可能です。

適用条件の中で、信用取引に関連するものは

1日の新規建約定金額合計5,000万円

1ヶ月の新規建約定金額合計5億円以上

信用建玉残高5,000万円以上

一見、資産を5000万円以上預けている大口投資家向けのプランに見えますが

1日の新規建約定金額合計5,000万円」は

資金的に少ない人であっても「約定代金の合計」なので、取引回数でカバーすれば誰でも狙う事ができます。

まる
まる

まるも更新し続けてずっと無料で使ってます

しかし、無理をして大口優遇を目指すのはあまりお勧めできません。

条件を満たす為だけに無理やり回転売買をして、損失を出してしまっては意味が無いですからね。

無理せず大口優遇を目指すのであれば、後ほど紹介する手数料も金利貸株料も無料のいちにち信用を使って、寄り・引けのクロス取引で条件を満たせれば、費用も掛からず安全です。
※資金が1,000万円弱必要になります。

資金が数十万~数百万円の方は、次に紹介する
いちにち定額コースで手数料を無料にするのがオススメです。

スポンサーリンク

いちにち定額コースなら50万円まで無料!

いちにち定額コースでは、1日の取引金額が50万円までなら
現物取引・信用取引ともに手数料が完全無料になります。

いちにち定額コースであれば無条件で適用されるので、誰でも簡単に利用できるのは有難いですね。

しかし、1日の取引金額が50万円を超えると途端に943円(税込)~の割高な手数料がかかってしまうので注意!

優待クロスの場合、買いと売りを同時に注文しますよね。

現物買と信用売の2つの注文の場合、無料枠は合計50万円=最大で25万円ずつなので、約定代金が25万円までの株しか手数料は無料になりません。

でも、次項で紹介する「いちにち信用」は例外で、この取引金額の合計からは除外されます。

いちにち定額コースで無料枠いっぱいの50万円の信用売と、いちにち信用で50万円の信用買いの併用で

約定代金が最大50万円までの株を手数料無料でクロス可能になります。

いちにち定額コースは、100万円越のような注文には向きませんが、50万円以下の優待銘柄のみを集める場合や低予算で運用する人にオススメです。

いちにち信用なら誰でも無料!

楽天証券には一般信用取引の中に、いちにち信用というものがあります。

1日限定で持ち越しはできませんが、売買手数料が完全無料という物で

買方金利(信用買)貸株料(信用売)ともに

年1.80%(1注文の約定金額100万円未満)
年0.00%(1注文の約定金額100万円以上)

100万円以上の注文になると

金利貸株料まで完全に無料に!

まる
まる

金利貸株料まで無料とは太っ腹だよね~

まる夫
まる夫

まるのお腹も太っ・・ゲフンゲフン

手数料に加えて1注文100万円以上なら金利も貸株料もゼロと、信じられない設定ですが

万が一持ち越してしまうと、翌日に強制決済になってしまいます。

強制決済はオペレーター取り次ぎ手数料として最大4,950円もかかってしまうので絶対に持ち越さないように注意しなければなりません。

な~んだ。持ち越せないから優待クロスには使えないじゃん・・・

と思った、そこのアナタ!

犬にもわかる株主優待 まる

いちにち信用でも、必ず持ち越しを伴う優待クロスのコスト削減にとても有効な方法があるんです。

スポンサーリンク

手数料無料で現物を用意できる!

いちにち信用を使って優待クロスのコスト削減する方法。

それは、信用取引で建てた買い玉を現物に交換してもらえる
現引きという決済方法を使うのです。
(現引きは手数料がかかりません)

いちにち信用でも現引きが可能です。

買いを一日信用で建てて、その日のうちに現引きすると

手数料ゼロ(100万円以上は金利貸し株料もゼロ)で現物株を調達できちゃいます。

超割コース大口優遇で信用取引を使わなくても、いちにち信用を利用する事で買い(現物調達)の手数料を無料にできます。

まる
まる

手数料は無料だけど強制決済には注意だよ!

たま~に現引きを忘れてしまうおっちょこちょいさん(まる含む)は

もしもの保険として、あえて買いを現物や制度信用にしておく事で強制決済のリスクは回避できますね。

まる式楽天優待クロス注文【完全版】

まるが楽天証券では、どういうふうに優待クロス注文しているかというと

前日の夜に全て成行注文で

売りは、一般信用短期又は長期。

買いは、いちにち信用

翌日、約定したらその日のうちに忘れずに現引き

※現引きを忘れがちな人は、買い注文を現物か制度信用でリスク回避!

あとは権利落ち日になったら現渡して終了。

という流れで注文しています。

まとめ

楽天証券はいちにち信用買いから現引きをすれば
誰でも現物は手数料無料で用意できます。

いちにち定額コースは1日の取引金額50万円まで
誰でも現物・信用の手数料無料

超割コースの大口優遇なら信用手数料無料

自分のスタイルに合わせて3つの制度を利用する事で

完全無料化が可能なのです!

いつでも専用アプリで手軽に優待在庫チェックや注文ができるのも便利。

取扱銘柄数が豊富で一般信用短期・長期(無期限)とも使えるので、株主優待の一般信用クロス取引には欠かせない証券会社です。

信用取引は格安手数料の楽天証券

※手数料や金利等の情報は記事掲載時(2019.5.31現在)のものです
※消費税率変更に伴い、金利・手数料などの情報を修正しました(2019.11.27)

押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ 

いつも応援ありがとう!

タイトルとURLをコピーしました