【争奪戦で不利?】フレッツ光の回線速度が不安定で遅くなってきた

こんにちは、まる(@inukabu_maru)です。

皆さん、お家のインターネット回線は何を使っていますか?

まる家の固定回線(光回線)は、フレッツ光(プロバイダーはOCN)です。

戸建て住宅で今まで引っ越しも無く、10年以上前から長期で利用中。

回線もここ数年前まではずっと安定していて快適でした。

しかし、いつの間にか回線速度が不安定になってしまったんです。

犬にもわかる株主優待 まる ニューロ光
スポンサーリンク

我が家の契約プラン

我が家では、高画質のオンライン動画配信サービスやオンラインゲーム(ネットゲーム)等はしていません。

大量のデーターを頻繁にダウンロードしたりはしないので、回線速度は実測値で30Mbpsもあれば十分満足できます。

そんな使い方なので、光回線を導入から10年以上

フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ(戸建て向け)

上り下りともに100Mbpsのプランで、プロバイダはOCNを使ってます。

頻繁にチェックしていた訳ではないけれど、実測値はいつも50Mbps~90Mbpsは出ていたので、何も不満はなかったんです。

実測値でこれだけのスピードが出ていれば、100Mプランにしては優秀な方かもしれませんね。

回線が不安定になってきた

しかし、ここ数年・・・特に2019年に入ってから?

「なんかサイトの表示が遅いな~」

と思ってスピードテストしてみると

実測値が1Mbps!!?

ここまで極端に遅いのは稀だけど、それでも5Mbps前後ぐらいはよく見かけるようになりました。

スマホや携帯のモバイル回線(LTE)よりも有線接続の回線スピードが遅いようでは光回線を引いてる意味があまりないですよね。

「安かろう悪かろう」な回線の契約であれば、費用対効果を考えると妥協の余地もあるでしょう。

でも、現在それなりの回線維持費を支払っているので、回線の質が悪い(悪くなった)のは大問題です!

いずれ対策してくれればOKかな~

と、しばらく様子を見ながら我慢してたけど、一向に対策・改善されないままさらに悪化している感じなのです・・・

回線が遅くなると困る事

回線が遅くなる事での最大の弊害

それは・・・

株主優待の争奪戦で不利になる!!

人気のある瞬殺銘柄ともなれば、争奪戦はミリセコンドの戦いになり
回線の安定+回線の速度でも差が出る

・・・ような気がしています(笑)

特にまるの場合はSMBC日興証券。

パソコンでブラウザから注文しているので

まず注文確認ボタンを押して受付られると、確認ページに切替わる。

その後に確認ボタンを押さないといけない。

争奪戦は日興証券側のサーバーが混雑するので、参加者共通で表示は遅いと思います。

それに加えて、こちらの環境(回線やPCの処理速度等)が原因で表示が遅れれば、さらに出遅れてしまいますよね。

まぁ少し大袈裟かもしれないけど、少なからず影響はあるはずです。

それ以外にも、まる・旦那問わず自宅でも仕事でインターネットを使います。

実測値で何百Mbpsまでとは言わないけど、ある程度の速度が安定して使えないのは、色々と困ってしまうのです。

まずは自分で身近な所の改善

回線速度が不安定だからと言って、100%回線が悪いとは言い切れません。

自宅の環境が原因だった場合、回線を変えても同じような事がまた起こってしまいますしね。

まずは確認の意味も踏まえて、できる範囲で色々試してみました。

長年使っていたLANケーブルを、伝送速度の早い物(カテゴリー6A)に買い替えてみたり

家電も含めてWiFi機器が増えてきたので、無線LANルーターを高速通信(11ac)対応でWi-Fi接続台数最大18台まで接続できる物に買い替えてみたりもしていました。

結果は、元々の回線契約が100Mbpsなのでそれ以上の速度ははもちろん出ませんし、安定感もあまり改善されませんでした。

IPv6通信の利用で改善される場合も

通信速度に不満がある場合、IPv6通信を使えるようにするのも一つの解決策になるかもしれません。

昔から使われてきた通信方式がIPv4と言います。

IPv6という新しい通信方式はIPv4よりも混雑しにくい通信方式になっています。

プロバイダーがIPv6に対応していれば、手続きをするだけで簡単につかえるようになります。

じゃあ、IPv6で万事解決!

とはいきません。

IPv4とIPv6は互換性が無く、混雑していないIPv6通信を利用してもIPv6に対応していないWebサイトは見る事ができないんです。

まだまだIPv6に対応していないWebサイトは少なく無いのでデメリットになります。

そこで重要なのが、プロバイダーが「IPv4 over IPv6」に対応しているか?です。

IPv4 over IPv6は、IPv6で見られないWebサイトも自動で変換してくれる仕組みになっていて、IPv4のWebサイトも見る事ができるようになります。

今後、IPv6の普及が進んでいけば、さらに快適に使えるようになりそうですね。

しかし、まる家はすでにフレッツ光のOCNでIPv4 over IPv6を利用していたようなので
(診断サイトで確認して判明)
回線改善の解決策にはなりませんでした。

いよいよ乗り換えを考え始める

どちらかと言えば保守的なまる家。

今まで長年使ってきた「信用・安心感」で、フレッツ光+OCNを替えるのは敬遠していました。

工事が必要だったりOCNメールの引っ越しもあるし、面倒臭そうってのもあるんですけどね。

しかし、優待クロスの取得結果に影響を及ぼしてしまう可能性があるのは

大いに問題あり!

自分でできる事は色々と試してみたけど、回線自体を替えないと変わらなさそう。

いよいよ深刻な状況になりつつあるので、乗り換え先の検討を始めたのでした。

目標は年内に回線の乗り換え作業完了です!

【続き】

フレッツ光からニューロ光への乗り換え検討

押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ 

いつも応援ありがとう!